レジデント医のための海外研修制度

千葉県病院局では、平成21年度より、日本とは異なる医療環境の中で医療技術等を研修することにより、レジデント医の医療知識や経験を深め、今後の千葉県での医療行為に役立てるために、海外研修制度を設けました。

<対象者>
(1)千葉県立病院群レジデント医
(2)千葉県立病院群医師

<期間>
1ヵ月程度
(海外学会参加等、1週間程度の短期のものは別途旅費補助制度有)

<選考方法>
各科のカリキュラム責任者の指導医の推薦の上、千葉県立病院群総合研修協議会で検討され、希望者が多数いる場合は選考を行い、派遣者を決定します。(年2名程度を予定)

▲ページTOPに戻る